省スペース&タダで出来るお手軽トレーニング法をご紹介

この記事をシェアする

家事をしながらトレーニング?

最初にご紹介するのは、キッチンに立っている時に出来るトレーニングです。
やり方はとても簡単。
足のかかとを3秒間上げて、ゆっくり戻すだけ。
時間は3分くらいで十分です。
足の血流が良くなるうえに、足首の引き締め効果が期待できます。
ただ、包丁を持っている時や油を使った料理をしている時は、バランスを崩すと危険ですから避けてください。
このトレーニングはキッチンだけに限らず、洗濯物を干すときでもOKです。
さらに、フローリングモップの代わりに雑巾がけをする、毎日お風呂掃除や窓拭きをするなど、少し工夫するだけで、いつもの家事がトレーニングに早変わりします。
また、お庭の草むしりやベランダの植物の手入れをこまめにするだけでも運動になります。
家の中や外がピカピカになるだけでなく、運動不足解消にもつながるなんて、一石二鳥ですね。

家事以外のトレーニング法

例えばテレビを見ている時に、横向きに寝て片方の足を上にあげてキープするだけでもトレーニングになります。
椅子に座ってテレビを見ている方は、座面を両手でしっかりと持ち、両足を持ち上げて10秒間キープ。次に足を前に伸ばしたまま10秒間キープ。
これはおなかの引き締めにとても効果があります。
また、ペットボトルを常備しているご家庭は、ダンベル体操も可能です。
ペットボトルなら、水の量を調節できるので負荷を自由に変えることが出来ます。
腕を曲げるときは手首を痛めないように、腕全体を曲げるようにしてください。
そして、スクワットも簡単で効果が高いトレーニングです。
やり方は、足を肩幅に開いて立ち、両手を前に出します。
そして、足を曲げていき、そのまま3秒間キープ。
足を曲げる時は膝がつま先より前に出ないようにまっすぐ下に体を落としていくようにすることがポイントです。