人目を気にせず手軽にできるお手軽トレーニング法をご紹介

この記事をシェアする

空き時間がトレーニングタイムに?

例えば、電車やバスで通勤している方は、なるべく立つことを心がけてみましょう。
その際かかとをさりげなく持ち上げれば、通勤時間がトレーニングタイムに。
つり革を持つときに、肘を直角に曲げて下に押すだけでも、二の腕引き締め効果が期待できます。
座る場合も両膝をつけて座り、太ももに力を入れるだけで足の筋力を鍛えることが出来ます。
また、トレーニングまでいかないかもしれませんが、非常におすすめなのが深呼吸です。
現代人は、呼吸が浅いと言われています。
様々なストレスが原因なのだそうです。
そして、呼吸が浅いと体のあちこちに傷みが出たり、体が冷えやすくなったりします。
さらに、呼吸が浅いとキレやすくなるということも言われています。
健康をキープするために、なるべく呼吸を深くするように心がけてみてはいかがでしょうか。

外ではなるべくウォーキングを!

よく言われているのが、ランニングです。
最近は、中高年の方にもランニング愛好家が増えているそうです。
しかし、運動不足の方が突然ランニングを始めるのは危険です。
普段あまり運動していない方が急激に体を動かすと、逆に心筋梗塞などを引き起こす恐れがあります。
また、走り慣れていないことが原因で足首やひざを痛めてしまう可能性もあります。
それよりも、エスカレーターやエレベーターを使わずに階段を使う、駅やバス停を一つ手前で降りて歩くなどのウォーキングがお勧めです。
ウォーキングは足腰に負担がかかりにくいので、運動不足の方でも気軽に始められます。
また、ウォーキングによって血流が良くなりますし、肩こりや骨粗鬆症の予防にもなると言われています。
20分歩くだけで、脂肪燃焼にも効果的な有酸素運動であることは、良く知られていますよね。
一度に20分歩く時間がないという時は、10分ずつ2回に分けて歩いてもOKです。